【§ページの先頭です

【»本文まで進みます


アロマスター|AROMASTER

【§ここから本文です

会社概要|COMPANY

  1. トップ
  2. 会社概要

ご挨拶

香り文化の歴史はたいへん古く、世界的には古代エジプト・古代ローマ時代にさかのぼり、日本においても香道という日本独自の文化が古くから続いております。
 しかしながら戦後の日本においては、香りを楽しむことより悪臭対策としての目的が強くなりました。高度経済成長の時代には合成芳香剤が使われ、合成香料の合成臭に抵抗感が持たれるようになると無臭志向が強まるなど、イヤな臭いを軽減するための手段として香料が利用されてきました。
その後、植物から抽出した100%天然の精油を心身の健康増進に活用するアロマテラピーが浸透・定着し、天然の香りの効果・効能が注目されるようになってきました。
さらに近年の天然志向や健康志向の高まり、ニオイに対する関心の高まりなどから、不快なニオイを軽減するための消臭・芳香にとどまらず、積極的に快適な環境づくりのために香りを取り入れるようになってきました。
この動きは、医療・介護施設や各種商業施設などから家庭までの幅広い分野ですでに始まっております。今後香りの快適性・有用性が明らかになり、消費者の健康志向・自然志向が高まるにつれ、香りを有効活用していく流れはさらに加速していくものと思われます。
さまざまな場面における香りの導入をハード面・ソフト面でサポートすること。それがアロマスターの使命です。

アロマスター株式会社  代表取締役 神田秀昭


会社概要

商号 アロマスター株式会社   AROMASTAR CO., LTD.
所在地
東 京:
東京都渋谷区恵比寿南1-9-4-3F
TEL:03-5724-3875  FAX:03-5724-3874
名古屋:
名古屋市天白区植田山3-1603
TEL:052-875-3247  FAX:052-875-3249
実店舗:
東京都目黒区自由が丘2-11-16
TEL:03-6421-2373  URL:http://aromicstyle.jp
U R L :
http//www.aromastar.jp
経営理念  一.事業 を通して社会の進化に貢献すること。

一.社員の物心両面の豊かさを高めること。
代表者 代表取締役 神田秀昭
【プロフィール】
 慶応義塾大学卒。山一證券〜ヘラルドコーポレーションを経てアロマスターを創業。
 業務用アロマテラピーの必要性を考え独学でアロマテラピーを研究し、独自の業務用
 アロマディフューザーを企画・開発。2002年アロマスターを創業し、本サービスを開始。
 2004年アロマスター株式会社設立。1962年生53歳。
資本金 4,000万円
事業内容
  • 1. 業務用アロマディフューザーの企画・開発・販売。
  • 2. 精油(エッセンシャルオイル)の輸入・調合・販売。
  • 3. アロマスプレーの企画・開発・製造・販売。
  • 4. 医療・介護スタッフ対象のアロマテラピー講座、勉強会の開催。
特徴

アロマスターは、創業当時から業務用アロマをコンセプトに業務用アロマディフューザーを自社開発し直販してきました。お客様との距離が近く客様の声をじかに聞きながら事業展開できたことで、ハード・ソフト両面で改良・改善を繰り返してきました。AROMASTAR2.0も先代のディフューザーのユーザー様からの数多くのご意見を反映させて開発したものです。
ソフト面では、オイルのブレンドも気軽にカスタマイズできる体制を創業時から整え、個々のお客様のリクエストにお応えしてきました。業務用アロマディフューザーの納入実績は、医療・介護の両分野において国内No.1。店舗などの商業施設における納入も増加中です。
業務用で始めたアロマスプレーは、2009年7月よりネット販売をスタート。天然の香りのスプレーとしては国内一の低価格という話題もあり、ご家庭からサロン・医療施設・介護施設まで幅広い分野で販売数増加中です。

沿革
2002年 業務用アロマテラピーをコンセプトに創業。東海地域を中心に医療施設・介護施設・商業施設を対象に業務用アロマディフューザーと精油の販売を開始。
2004年 株式会社に法人化。
2008年 東京事務所を開設し、関東でのサービスを開始。
2009年 アロマスプレーのオンラインショップ開設。
2012年 名古屋事務所を名古屋市天白区原に移転。
2015年 名古屋事務所を名古屋市天白区植田山に移転。
東京事務所を目黒区自由が丘から渋谷区恵比寿南に移転。
直営店を目黒区自由が丘に開設。
 
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 平針支店、日本政策金融公庫 熱田支店、十六銀行 天白支店、
名古屋銀行 島田支店、愛知銀行 島田支店

【§ページの最後です

【»先頭へ戻ります